バスケットボールに関する情報が満載!

Shoot!

バスケットボ-ルの人気はもっと出てもいい

アメリカのNBAといえば押しも押されもせぬ人気プロスポーツの代表ですが、日本ではいま一つ盛り上がりに欠けています。
プロバスケットボ-ルチームもありますが、まだまだ実業団的な運用のチームも多いです。
その原因としては、完全にプロチームになるためにの収入が不足しているという課題があります。
ゲームの集客による収入と広告収入がその主な収入源になるべきですが、十分に運営できるほど集まらないという懸念があるからです。
逆に言えば、人気がもっと出てくると、サッカーのようにプロ化が進むともいえます。
日本のバスケットボ-ル界は今大変な状況にあります。
世界の協会から代表チームが認められず、国際試合への出場が許されなくなっているのです。
日本に統一リーグがないことが問題視されて改善要求が出ているのですが、統一リーグ化が進まなかったことが理由です。
選手には何の責任もないことで、歴史的に二つのリーグが存在してしまったことが問題ではありますが、これを真剣に解決する能力が日本の協会に欠けていたことが問題の本質だと言われています。
バスケットボールは室内で行う競技で、得点シーンも多く、身体接触があるため迫力もあります。
自由に走りボールも手を使っていいためスピードもある競技です。
統一リーグの問題が解決して人気が上がっていくことが期待されています。

体格に関係無く活躍できるバスケットボ-ル

バスケットボールは、通常5人対5人の2チームが1つのボールを奪い合い、それぞれのリングにシュートを決めることで得点を競い合う競技です。
得点は通常のシュートが決まれば2点、スリーポイントラインより外側からのシュートが決まれば3点、相手のファウルにより与えられるフリースローが決まれば1点が得点として入ります。
試合時間は10分を1ピリオドとし、休憩時間を挟み第1ピリオドから第4ピリオドの計40分間で行われます。
ファウルを5回犯したり、悪質なファウルを犯すと退場になりますが、それ以外なら、何度でも選手交代することが可能です。
ボールは地面につきながら移動するドリブルや、仲間とのパスを使ってゴールまで運びます。
ボールを持ったまま3歩以上歩いたり、ドリブルを一度止めた後再び行うダブルドリブルを行うと相手ボールになってしまうので気を付けましょう。
バスケットボールの公式ルールでは、ゴールの高さは305cmとなっていますが、年齢や環境によっては変動します。
ゴールの位置が高いことから、身長の高い選手が有利かと思われがちですがそうとは限りません。
身長が低くても足が速い選手、パスやドリブルの上手い選手、シュート率の高い選手はたくさんいます。
バスケットボ-ルは体格に関係無く、誰でも努力次第で活躍できるスポーツと言えます。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/ywbvqmm3/public_html/inc/randlink.php on line 12
▲TOPへ